スモの泣き言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やられた

将監川

昨日はコギスケさんと利根川行ってきました。とはいっても、ボートを降ろしたのは将監川からです。将監川から長門川経由で利根川に出る、いつもとの違いはそれだけです。現地に到着すると、ショップの大会をやっているらしくスロープ、桟橋(そこはレンタルもやってます。亀山と比べると詐欺みたいに汚く古いボートですが。)がやたらと混んでました。今回は12vのエレキを修理中なんで36vの亀山仕様エレキを装着します。ヒーコラ言いつつ準備が完了したのは午前7時、釣行の度に体と車が壊れていく・・・まさにカートップ無間地獄(T_T)
利根川へ向かう途中、長戸川の水門で200馬力のVMAXを積んだ和船を発見。イメージでは『刺身の船盛り』みたいな船(でも、汚いです)にピカピカのVMAXが付いている、って感じです。『刺身の船盛り』はちょっと違うかもしれないですけどね、気にしないで下さい。それを見るや、「あれ、おかしくないですか?(笑)」、「かなりアンバランスですねぇ(笑)」、「プレーンしたら空中分解しちゃうんじゃないスか?(笑)」と言いたい放題。それほどエンジンの新しさと船の汚さのコントラストが際立ってたんですねぇ。しかし、水門をくぐった後に和船は全開で上流へ去って行きました(^^;)バカにしてただけに一瞬びっくりしましたが、木造船が唸りを上げてバウを持ち上げる姿は正直言ってカッコ良かったです。
さて、ワタシのアルミはテロテロと原チャリ並みのスピードで下流へ向かいます。40馬力のクイントに抜かれ、スキーターに抜かれ、引き波くらいつつ走った先は番長さんの言葉を借りれば”思い出巡り”ポイント。前回、前々回と良い魚が出た場所なんで朝イチに入りました。しか~し、そのポイントは激浅!エレキは底を掻くわクランクは延々ボトムノックするわで全く釣れません。仕方が無いのでエレキで水深のあるエリアまで小移動、でも釣れない・・・。朝、準備する前にオバちゃんがコギスケさんに「かなり減水してる。」って言ってたそうで、たしかに前回ワタシが来た3週間前より30cmくらい水位が落ちてます・・・。この時、コギスケさんは口数が少なかったですが、きっと「こんなとこ釣れねーよ、コノヤロウ!」と思っていたに違いありません(^^;)
次に移動した先は水中堤防が何本も沖に延びているエリアで、見た目にも良い感じのポイント。この水中堤防、満水だとほぼ水面直下にTOPがくるので事故が多いのもうなずけます。水中堤防の場所については国土交通省は全て把握していない(調べるつもりも無い)ようで、利根川に詳しいショップに聞くのが一番良いみたいです。安全に航行出来れば良いストラクチャーになるワケで、早速他のボートが入っていないヤツから釣り始めます。しかし、ココもプレッシャーかタイミングか腕の悪さかバイトが得られません。しばらく釣っていると近くで水中堤防を釣っていたアングラーが魚を釣った様で、コギスケさんがそれに気付きます。そのアングラーがどいた後にそこを釣るとコギスケさんにBLACK!ラバージグのピックアップで食ったそうで、”ど中層”みたいです。しばし粘りますがノーバイト・・・。比較的水深があった水中堤防だったこともあり、先端付近に水深が無い水中堤防はパスしつつ延々撃っていくとシャローのヘラ台みたいな鉄パイプの根元で再びコギスケさんにBLACK!今度はデンゲキが良い感じで曲がり、ナイスサイズのヨカーン(^^)上がってきたのはナイスプロポーションのキロオーバーで、こちらも嬉しくなるサイズでした。ホントはワタシが釣りたかったですが、ゲストが釣れるのもまた良いものです。この後は水中堤防の近くの倒木でコギスケさんのスモラバにワンバイトあるもノー感じ、移動してテトラや杭(?)を撃ちますがノーバイト。
風も出てきたんで長門川に戻り、ショア撃ちで流しますがコギスケさんのジャバロンにバイトがあるだけでワタシはノーバイト継続、昼も過ぎてかなり釣りたいのに悶々としていたのですが完全にやられてます(>_<)将監川に戻ってもコギスケさんペースでジャバロンにバイトがあります。コギスケさんは「もう1本釣ったらジャバロン分けてあげますよ。」などとのたまい、正直グラグラきましたがワタシがジャバロンにスイッチしたところで釣れないのは明白。今までそうやって他のルアーに手を出してボロボロになったことは刺客さんや団長さんに指摘されるまでも無いことです。IKAのノーシンカーで釣れず、刺客印の白ラバを撃ちまくります。ふとコギスケさんが「あの柳の木撃ちましょう。魚がついてること多いですよ。」とアドバイスしてくれたので素直に従います。でも、やっぱりノーバイト(T_T)「今日はマジでボーズかなぁ。」と弱気になったその後に撃ったブッシュで待望のBLACK!それが写真の魚です。相変わらずつまんなそうな顔してますが、すっごく嬉しかったんですよ!心の底から。その後は白ラバでマメさんを1尾追加してその日の釣りを締めくくり、ゲストに釣ってもらえて嬉しい反面悔しい秋の1日でありました。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 11:59:59|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

自炊

カイチョーブログで自炊が話題になったんで久しぶりにカレー作ってみました。S&Bゴールデンカレー辛口とハウスククレカレー中辛を半分づつ投入し、ブレンドしましたが違いはよく分かりません(^^;)今回は鶏肉を使用したエコノミー仕様ではなく国産豚肉を投入した中流家庭(?)仕様にも関わらず味はイマイチ(>_<)林檎入れたの良くなかったかなぁ。ん?ひょっとして林檎入れるのってアク取ってからかな?他の材料と一緒に入れましたが、殆どアクが出なくて変だと思ったんですが・・・誰か知ってる方、教えてくださいm(_ _)m
  1. 2005/10/28(金) 16:09:06|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

買出し

神田ポパイ

今日は会社の帰りに某有名ショップに寄って来ました。買ったのはジグヘッド、KEITECHジグ(コギスケさん発注)、浮き止めゴム、スーパーホッグ@ZOOM、スピードクロウ@ZOOM、ハイピッチャー@OSP、ラインコート@サンライン、です。週末の利根川釣行に向け、ボラ系スピナ―ベイト購入です。当たるか外れるか楽しみですね~。
帰宅してすぐ近所で団長さんからエンジンを受け取り(ファイナルチャンピオンシップ用にレンタルしてました)、しばし談笑。団長さんは癒し湖などの釣れる湖で自分の釣りをリセットしたいと言ってました。ワタシの場合は繊細な亀山から逃げてるだけですが・・・。団長さんは純粋に”探す”釣りをしたいようで、トーナメントのオフシーズンにリフレッシュしたいと思っているのだと感じました(遊びで釣れる場所に行きたいってことでなしに)。ワタシが団長さんに言われた名言で「居る所に行けば簡単なんだよ、そんなに難しい話じゃない。」ってのを思い出しました。以前、おりきさわボートの大会で同船させてもらった時に言われた言葉です。良い場所を見つけ有効なルアーを投入して良い魚を釣る、釣りの基本ともいえる考え方を団長さんから教えられ、そして今も教えてもらってます。ワタシは今江克隆ではないですが、本当は今江克隆になりたい一般ピーポーです。それよりも団長さんになりたかった、それが本当なのかもしれません。団長さんだけでなく、色々な人達から教えてもらってソコソコ魚に触れるようになってきましたが、道のりは果てしないですねぇ。総長に「おっ、オメーも釣るようになったなぁ。」(もしくは「ムカつくやつだな。」)って言ってもらえるのが当面の目標ですね。
なんだかとりとめも無い話になってしまいましたが遅いので寝ます。
  1. 2005/10/27(木) 02:18:03|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

参りました

癒し湖

またもや更新が遅れましたが、日曜日はコギスケさんと癒し湖に行ってきました。
当日、目覚めると集合時間の4時を過ぎてます(>_<)前夜積まなかった残りの荷物を積んで大急ぎで出発!集合場所に着いたのは30分遅れの4時半、以前ほどの大遅刻ではないですが将監川以来の遅刻。それでもコギスケさんは嫌な顔せずに迎えてくれまして、申し訳ない限り・・・。
3週間ぶりの癒し湖は少し増水しており、満水から3m半くらいの減水。前夜の雨でボートを降ろす場所は若干ぬかるんでいる感じでしたが、そのまま車降ろしちゃいました(^^;)降ろしちゃったモンは仕方が無いんで(ワタシのせいです)セッティング開始。水際のぬかるみに足をとられながらも1時間ほどでセッティングもほぼ完了、そこへワタシに陣痛が・・・急いでトイレに行き、めでたく出船したと思ったら今度はコンビニで買った食べ物や飲み物を車に忘れてしまい再び着岸(>_<)朝から足引っ張りまくりでコギスケさんに謝ってばかりでした(^^;)
出船したらしたでワタシはバックシートからトップウォータープラグをキャスト、完全にナメてます。既に時刻は8時過ぎ、日も昇ってきてトップに出る雰囲気ではありません。でもキャスト、勿論釣れません。二人ともノーベイトのまま流していくと目の前に岩盤に倒れこんだ木+ゴミという美味しそうなカバーを発見(^^)コギスケさんが前でキャストしている間にノコノコと白ラバをリグり、カバーの真ん中へボチャン、スルスルスル、トン(あれ?落ちねぇな、落ちろ落ちろ)、ギュー(あ、食った)、って感じでアワセを入れると癒し湖レギュラーサイズのナイスブラック(^^)コギスケさんは笑いつつも「参りました。」と言ってましたが、たまたま白が良かったんでしょう。
しかし、その後は迷走開始。基本的にはコギスケさんに好きにやってもらいつつ(カバーは撃たせてくれました)色々と試してみますが全然釣れません。お互いどうしたものかとアタマを悩ませますが、迷走は深まるばかり・・・。しまいにはお昼の鐘が鳴り、コギスケさんは「運命の鐘が鳴りましたねぇ(笑)」と冗談を飛ばしますが冗談で済むのかワタシも不安に(苦笑)桟橋で他のボートが釣ったようで、コギスケさんがそれに気付きます。岬を撃ってもノーバイトだったので桟橋を撃つと、桟橋に引っ掛けたワタシのテキサスにアタリらしき感触がきたのでアワセるとスッポ抜け。なんだか納得がいかないので桟橋の先端にかかるロープにテキサスを引っ掛けて中層で待つと今度はギューっと”持って行く”感触があり、釣り上げたのは写真の魚です。目測ですが、45cmオーバー♪ラッキーでしたね。
すがるもの(パターン)も無いので、桟橋先端パターンで撃っていくとコギスケさんにもBLACK!こいつも40cmを越える良い魚でした♪とりあえずコギスケさんにも癒し湖初ブラックが釣れて良かった(^^)その後はワタシにマメが1本釣れただけでまたもや迷走。すると、あろうことかエレキも迷走、5段変速の1速なのにMAXスピードを出しやがります(-_-;)なんと、エレキ壊れました(T_T)仕方が無いので午後3時過ぎに釣りを諦め、下ることにしました、エレキが止まったら大変なんで。
帰りはオンリーワソに寄ってエレキを修理に出し、ガイドが飛んだ竿も一緒に置いてきました。MASAYAさんに話を聞くと、「癒し行ったんですか?俺、この前22、3本釣りましたよぉ!最近癒しばっかり行ってます。」と景気の良い話を飛ばします。彼が言うには4~6mの深めで釣れてるということ。ワタシは3mくらいまでしか撃ってませんでした、自分のヘボさに情けなさをかんじつつ「いやぁ、修行が足りないっすね・・・。」と、ラトルホグとチャンクを補充しました。噂の(?)GEKOロッドも触らせてもらいましたが、良い感じで欲しくなりましたね。でも、道具じゃなくて腕なんだよなぁ~・・・。
最近はコギスケさんと一緒に乗る事が多いですが、釣りに熱心だし良い人で一緒に釣りしてて楽しいです。独りでやるのも良いですが、同船も違った味があって良いものですね。
  1. 2005/10/25(火) 13:43:43|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

お楽しみ会

昨日は久しぶりにチスピお楽しみ会に参加しました。前日にペアを組むはずだった番長さん(湖畔プロ)から「息子が熱出して入院しちゃったから行けない。」との連絡があり、単独出船の準備をして朝4時に自宅を出発。かなり雨が降っていたので上流はダメかなぁ、などと考えているうちに”おりきさわボート”に到着。すると某メーカーのステッカーを貼った怪しい車が・・・やっぱりらくださんでした(^0^)/参加者への挨拶もそこそこにらくだ号に近付き、起きぬけのらくださんに「今日は単独出船ですか?」と聞くと「ぅん・・・休みがとれたのが昨日で・・・。」と寝起きのツラさを滲み出しつつ返事してくれました。事情を話すと同船を快く引き受けてくれたのですが、「一服してから準備するから・・・。」とやはり寝起きのツラさを拭いきれないらくださんでした(^^;)
総長、ちんさん、タさん、ターチさん、よっしーさん、らくださん、と参加者が殆ど揃い、セッティングも済んだのに団長さんが来ない・・・どうやら寝坊したらしい・・・。ということでパートナーのターチさんを桟橋に残して3艇だけ6時半に出船!総長&ちん艇、らくだ&スモ艇がおりきさわ上流へ、よっしー&タ艇は長崎方面へ移動。らくだ&スモ艇は清水場の岩盤から釣り始め、総長&ちん艇は砂淵をスルーして源の丞まで上った様子。ほどなくしてらくださんにBLACK!IKAのノーシンカーに400gがきました。開始10分もしないうちのファーストフィッシュに二人して歓喜の声を上げます(このとき総長とちんさんはワタシ達のことをキ○ガイと言っていたそうです)。2尾目もらくださん、今度はスピナーベイトで800g!なんだか良い感じです(^^)その後も清水場を流していると今度は上流から奇声が・・・。
ス:「ヤバイっすよ。絶対アタマおかしい人だと思われますよ・・・。」
ら:「知らない人だったら近付きたくないよね・・・。」
と、お互い同じことの言い合いをしていたようです(^^;)砂淵~源の丞はノーバイト、源の丞橋の橋脚にてらくださんのIKAにバイトがあるがフックアップならず。橋の上流側に倒れこむ竹にテキサスを引っ掛けバイトを待っていたワタシに待望のBLACK!これが930gありましたv(^^)ここでも二人してバカ騒ぎし、魚をライブウェルに収めて握手。総長&ちん艇とすれ違うと一本釣れたとのこと、表情は意外に冷静でアノ奇声は一体?って感じです。彼らと入れ替わりで船の入れる限界まで上りますがノーバイト。らくださんはバズ、ワタシはラバージグを撃ちながら下ると太淵の倒木で違和感を感じたのでフッキングすると根がかり(T_T)らくださんにボートをバックしてもらい回収しようとすると魚が付いてまして(^^;)これが1キロありました。早い時間帯でキロと900が入ったんでニコニコで下ると団長&ターチ艇が今まさに出船するところに遭遇。二言三言交わし団長&ターチ艇は上流へ上っていきました。ボート屋さんでトイレ&Beer休憩。若旦那に「今日は状況良いから、(次に来る時は)こだわんない方が良いよ。」と釘を刺されつつ再出船!しかし、ここからは迷走の始まり。猪の川に入ると総長&ちん艇に遭遇、すると総長が異様に上機嫌、
総:「ヤベえの(ライブウェルに)入ってるよぉ~!もう猪の川入ったって遅せえぞ~!まぁ~、俺ぁ黙ってられねぇタチだから言っちゃうよぉ!」
とまくしたてます(^^;)さっきのクールな総長はどこへいったんでしょうかね。猪の川も上れる限界まで行くも徒労に終わり、下りながら流していくとらくださんのスピナーベイトに500gがくるも入れ替えならず(お楽しみ会は2本リミットです)。猪の川がダメなら医院下じゃ!と医院下へ入るもワタシのテキサスで600gが釣れるも入れ替えならず。それでは最後に上流に入り直そうということでおりき対岸崩落に入り、らくださんのテキサスに500g。
ワタシの集中力が切れかかっていたところ、旧桟橋の対岸をクランクで流していたらくださんにBLACK!水面下に見える魚体は入れ替えを予感させる良いサイズ(^^)しかし、バネ秤にかけると910g・・・惜しい!でも、クランクベイトで釣った満足感なのからくださんはとっても嬉しそう♪その後上流方面を撃ち直すもノーバイト、シャローメンのお楽しみ会は終了したのでした。
結果はおりきさわ上流と猪の川でスイムベイト、クランクベイトを引き倒した総長、ちんさんペアが優勝、スイムベイトで獲った2本で2キロオーバー!釣れた魚のコンディションも上々で格好良すぎました。
釣りの後はおりきさわボート特製カレー&湖畔亭特製鍋をいただき、お腹一杯(^^)食べた後は賞品取り合いジャンケン大会で盛り上がりました(^^)車を変えて気分一新な人、ファッ!とIKAで釣った人、ジャバロン食べちゃう人に爆笑♪ホント、チスピはイカレた楽しい人ばっかりで最高ですね。
  1. 2005/10/19(水) 13:01:15|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

カートップはつらいよ

利根川1

昨日は利根川行ってきました。船を降ろしたのはいつもの将監川ですが、利根川をメインに回りました。運良く終日穏やかで殆どの時間を利根川の釣りに費やす事が出来ました。しかも結果はキロフィッシュ2本を含む6本、ワタシにしては上出来でしょう。曇りという天候も味方してくれたのかも知れないですね。上の写真はキロ、下の写真は600gくらいでした(もう片方のキロは撮り忘れました)。
利根川2

水位が低くなっていたんで岸際は殆ど撃てず、沖目のブッシュ、ベイトの反応がある2~3mのボトム、テトラ帯で釣れました。釣れる魚のコンディションが良く、居る場所にルアーを通せば素直に食うって感じで非常に癒されました。最近は繊細な釣りを必要とする亀山から逃げてますな・・・どうしても八郎潟の感覚が抜けないんですよね、楽しかったし・・・。
チャプターの時トキタボートで知り合ったNさんも将監川から船を出していて、久しぶりに再会。下船後に片付けを放っぽりだしてあーだこーだと話し込んでしまい、片づけが終ったのは午後7時(^^;)実は片付け中に1回だけ腰に”ピリッ”ときまして、なんだかヘルニアの匂いがしてきました。今までは疲れが溜まりやすいけど痛みは無いって感じだったのですが・・・やっぱりトレーラーが良いなぁ(T_T)
利根川3

  1. 2005/10/16(日) 21:39:56|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

11g < 3g

更新をサボっていたら1週間以上経ちました・・・。先週土曜日は刺客さんの後ろに乗せてもらい、カバメン修行敢行。ダメなところをいくつか指摘され、個人的には得るものが大きかった1日でした。とは言っても、これを読んでいる方には「何だ、そんなことか。」と思われることが多々あり、変なクセって沢山ついているものだと思いました。団長さんと一緒に某湖に言った時も言われましたし、いつも”何となく”釣りをしてる自分を再認識してセンスの無さを実感・・・。多分他にも良くないところはあったのでしょうが、刺客さんはそれほどやかましく言いませんでした。まぁ、アレコレ言ったところでコイツには分からんだろう、と思われたのかもしれませんね。ダメ出しだけでなく刺客流の撃ち方も説明してくれまして、SINZANKAI最終戦のウィニングパターンと同じ釣り(だと思います)を見せてくれました。これが今まで自分が抱いていたイメージとは違って意外。刺客さんのヘビータックルから豪快な釣りを想像していたのですが、フィネスかつ忍耐の釣りでして、1日中それをやり切る刺客さんには脱帽です。その日は刺客さんが7、8本釣り、ワタシはデコりました。刺客さんは「今日は俺のリズムで撃ってたからだよ。何人か同船してるけど軒並み釣れてないよ。」と気遣ってくれましたが、完全に腕の差を見せつけられました。
刺客さんと同船した翌日はトキタオープン参戦。根こそぎさんのバックシートでした。前日刺客さんと打ち合わせした(?)根こそぎさんは朝イチで刺客ポイントへ直行。ワタシに前日と同じ釣りをさせてくれました。そのお陰でキロフィッシュを1本釣る事が出来、刺客さんと根こそぎさんに感謝。その後は坂畑橋下で400gを釣り、林道下で奇跡のリミットメイク!が、帰着後に魚を確認したところ坂畑の魚がデッド・・・チェックを怠った自分のミスでした。それが無ければお立ちが・・・って、たられば言っても仕方ありません、悪いのは自分ですから。それより、刺客さんと根こそぎさんに感謝。先週末は二人に操られているようなモンでしたね(^^;)
  1. 2005/10/16(日) 21:33:34|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒然に

このブログも反応薄くなり、みんな観てないだろうと好き勝手書かせてもらいます(いつもか)。
亀山湖に通う人達はトーナメント好きが多い気がします。なんで皆トーナメントに出場するのでしょうか?勝ちたいから、人が集まる場所が好きだから、腕試し、はたまた惰性なんて人も居るかもしれません。
ワタシに限って言わせてもらえば『腕試し』に近いものがあります。自分が釣りした結果、他の人に比べてどうなるのか?それが分かりやすいのがトーナメントであるという感覚です。良い成績を出したいというのはありますが、トーナメント=答え合せって感じでしょうか。これは下野プロの受け売りで、以前読んだ本に書いてありました。でも、スタートラインはまさにそれなのでパクらせてもらいます(^^;)
ワタシは釣りが巧いわけではないので(昔より少しはマシになったかな?)、勝ちにいくとは逆立ちしても言えません。下手な自分は他の人に比べてどうなのか?もっと有効なエリア、メソッドは何なのか?巧い人はどうやって釣っているのか?巧くなるにはどうしたら良いのだろう?そんな疑問を抱きつつやってます。
週末はトキタオープン第五戦、誰が勝つのか、自分の結果、他の人の結果、気になることは沢山あります。でも、根底にあるのは自分のレベルアップ、根こそぎさんに教わりながら自分の肥やしにしていきたいと思います。自分で何かを見付けて展開していくチカラは無いので他力本願でしょうか。でも、教えてもらうのはダメだとは思いません。今までぐるるっさん、団長さん、総長、根こそぎさん、カイチョー、その他諸々の人達に教えられて今の自分があるのですから。今江プロ曰く、「自分より巧い人と釣りをするのは10年の進歩を得られる」と。そこまではいきませんし、亀の歩みかもしれませんが少しづつレベルアップしていきたいと思います。
こんなこと書くと総長に「能書きはいいから釣ってこぉ~よ!」と怒られちゃうかもしれませんけどね!
  1. 2005/10/06(木) 01:53:19|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ドロドロ

a href="http://blog-imgs-29.fc2.com/s/m/o/smoky/20060410232217.jpg" target="_blank">癒し湖にて

今日は癒し湖をコギスケさんと一緒に楽しんできました。結果は4本で、ラバージグ、IKA、ラバージグ、SRIDEの順に釣れました。サイズは1本目のラバージグの魚が一番良く、カバーからブチ抜いて気分爽快♪って感じでした。計ってないですが、長さは43cmくらいだと思います。魚が太くて亀山感覚が通じないので何とも言えません。写真の魚がそれなんですが、魚より人間の太さに辟易しますな・・・。暑苦しい写真ばっかりでスイマセン。
2本目は立木の際にIKAを落として釣れました。しかし、この後は同じ釣り方では出ず、相変わらずの出会い系フィッシング。見える物しか撃ってませんから(^^;)
3本目は倒木にラバージグを引っ掛けてシェイクしつつ落とすという刺客スタイルの応用編的釣り方。ところがスレ掛かりでキャッチし、口にフックは掛かってませんでした(何がなんだか分かりません!)。人間で言えば”首根っこ”の部分に掛かってました。ラバージグでこんな釣れ方をしたのは始めてです。
4本目は下船前に岩盤に向かってテキトーに投げたSRIDEに食いました、これぞ究極の出会い系。本当に「釣れちゃいました!」って感じの魚です。こいつはボート際でギュンギュン突っ込み、楽しませてくれましたv(^^)
コギスケさんの釣果は残念な結果に終りましたが、これは船頭の操船が下手だからですな・・・。終日エレキを踏んでいたのは実はワタシ。風も吹いたんでワタシの操船技術ではバックシートは相当釣りづらかったと思います。
下船時に刺客さんのお兄さんと話したのですが、お兄さんはキロオーバー2本含む5本だったそうです。刺客さん情報で釣れるレンジが深いということは押さえていたとのこと。ワタシは何故聞かなかったんでしょうかね?それは安易に考えすぎてたから。ちゃんと情報収集せんかい!
ボートもドロドロ、ドーリーもドロドロ、ワタシもドロドロです・・・。
  1. 2005/10/02(日) 22:04:34|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋といえば

SRIDE

スポーツの秋、よく聞く言葉です。今日は高校時代の仲間とやっている草野球に行ってきましたが、3週間くらい体を動かしてなかったんで疲れました。ちょっと体をうごかさなくなると途端に衰えますな、言いたくはないですが年齢を感じます。時間(とお金!)に余裕があればジムとかに行った方が良いんでしょうが、また忙しくなりそうなので無理そうです。
写真は帰りに衝動買いしたJACKALLのSRIDEです。明日はコギスケさんと癒しの湖に行くんで投げてみます。癒しの湖とはいえ簡単に釣れないでしょうが、楽しみです(^^)
  1. 2005/10/01(土) 22:21:11|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スモ

09 | 2005/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。