スモの泣き言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の気配

台風が通過する前くらいからでしょうか、朝夕涼しくなってきました。デブには辛い真夏が過ぎたと喜んでいる今日この頃ですv(^^)ただ、月末はチェロさんと八郎潟へ行くんで秋田の気候が気になるところです。以前9月初旬に福島へ行った時(釣りしてないですが)は朝夕に限っては涼しいの領域を超えており、ちょっと寒いくらいでした。遠征時には着る物を多めに用意していきたいところです。それと情報収集ですね!
同船者のためにリヤデッキの拡張、ビルジポンプの配線やり直し、暫く使ってないんでエンジンも回しておきたい(アルミで釣りがしたい)・・・とやりたいことはあるんですが時間が(T_T)出来る限りの用意はしますが、間に合うかどうか・・・。
今週はアルミで利根川出ますかぁ、神斬前日まで亀山はお休みかな。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/30(火) 15:04:17|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に更新

やっと八郎潟レポートが完成し、久しぶりに更新です。八郎潟から帰った後もトキタオープン、チャプターと大会に出てました。

トキタオープンは恒例のBBQ。食材準備はやりましたが、仕込みを含めた準備は色々な人に助けられて好評のうちに終えることができました。あらためてチームメンバーとボート屋さんに感謝です。釣りの方はワタシも根こそぎさんもパッとしませんでしたが、参加者に楽しんでもらえたので良かったです。総長が言うようにワタシはやっぱりエンジョイ派なのかな。皆さんが楽しんでくれるんで、雑用もやりがいありますよ。常連さん同士でコミュニケーションも深まってきてますし、新たな人の輪がつながっていくと更に嬉しいですね♪刺客さんやかんとくさんといった他店の常連さんも顔を出してくれるんで、個人的にすごく嬉しいです。総長にもお世話になりっぱなしですねぇ。

チャプターはカイチョーと共に挑みましたが、二人して1本づつでポイントとれずに五点坊主という貧果に終わり、悔しさ一杯です。あー、どうしようもない・・・。チャプター終了後は小森プロ、トキタさんとお話した後、湖畔亭で団長さん&タさんと夕食。湖畔プロを交えて楽しく話をすることができました。帰りは国道16号で力尽きて仮眠をとると4時に起床・・・前日の2時間睡眠もあってボロボロで職場へ行きましたねぇ。

それでも楽しい亀山湖、結果を出せるよう頑張っていきます。頑張るという言葉は余り好きではないです、みんな頑張ってるんでタダの頑張りじゃ全然追いつかないです。「いや、俺は頑張ってる。」なんて言うワタシみたいなヤツほど努力が足りないし、大した事無いですからね。まぁ、でも、それしか言えないもんでお許しを(^^;)
  1. 2005/08/25(木) 01:15:49|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

夏休み②

8/3(水)からは八郎潟遠征です。釣りに関してはHPのFishing Reportを御覧下さい、ブログでは釣り以外の話を書いていきます。
初日は日が上がってから釣りを開始したのですが、とにかく暑い!気温は連日30度を超えます。秋田県といえば北国だから涼しかろうと思うでしょうが、意外に暑いのです。船上で1日に消費するドリンクが2リットルを超えました。日本の最高気温を記録したのは山形県なんで、当然といえば当然なんですが・・・。気温は関東と変わらないくらいですが、朝夕の涼しさとカラッとした日中は関東よりちょっとマシといったところでしょうか。
秋田県民はスピード狂であるのは間違いない。40キロ制限の道(スゴイ田舎道ですが)を100キロ超のスピードで疾走していきます。普通のカローラでもそんな車が居ます。「ネズミ捕りとか無いの?」と、こっちが心配してしまうくらいトバす車が多いです。秋田県に行った時は無理せず道を譲りましょう(^^;)
秋田といえば○○○○、行く前はちょっと引っ掛かっていたんですが、実際はそれほどピリピリした感じはしませんでした。でも、ワタシは秋田県民の目の前で○○○○してしまい、団長さんにたしなめられました(^^;)まぁ、皆さんはこっそりとやって下さい。
人の居ないところで○○○○するにはやっぱりライブウェルが必要ですよね。我々は小さいバスボと和船を借りたのですが、和船のライブウェルは循環装置が付いておらず、栓が付いていました。栓を空けている間は水が回るような構造になっているそうです。で、栓を空けたまま舟を走らせると水が抜けてしまうので、エンジンで移動する場合は栓を閉めなくてはいけないそうです。初日はそれを知らずに長時間移動してしまい数匹デッドしてしまいました。それがあってから和船のライブウェルは”駆除イケス”もしくは”デッドウェル”と呼ばれるようになりました(^^;)まさか秋田でコイケに加担することになろうとは・・・。勿論2日目以降は栓の開け閉めは忘れませんでした。
秋田の味覚には一切触れず、ただブラックを追い求めたチースピ。唯一口にした秋田名物はババヘラアイスでした(^^;)とはいっても、ワタシはその前に普通のアイスを食べていたので自粛してまして、らくださんと団長さんしか食べていないんですが・・・。秋田名物ババヘラアイス、1度は食してみてください、八郎潟の近辺でも露天で売ってるおばちゃんが居るはずです。味は普通のアイスらしいんですがね(^^;)

で!やっぱり遠征は楽しい仲間と一緒に行くのが一番のキモですね(^^)らくださん、団長さん、埼玉キムさんには感謝感謝です。トーナメンターでもエンジョイ派でも結局は釣りが好きで仕方ないおバカさん達ですから、きっと一緒に楽しめるはずです♪それがトップオンリー&トーナメンターとなると話は別かもしれませんけど(^^;)また来年の夏には遠征したいと思う今日この頃、八郎潟の日焼けのあとがちょっと懐かしさを感じさせます。
  1. 2005/08/11(木) 01:24:10|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

夏休み①

今回は9日間の夏休みということで、初日の7/30(土)は新潟へ祖父母の納骨に行ってきました。当日は非常に蒸し暑く、最悪のコンディションでした(^^;)おまけに墓場が竹やぶのなかに有り、ヤブ蚊に刺されまくりました。それでも祖父母が故郷で眠りについたことにホッとしましたし、その場に立会って良かった。新潟の地はとても緑豊かで清清しい気持ちにさせてくれます。ワタシは都会の人ゴミが大嫌いなので癒されます、亀山の浮きゴミは大好きなんですけどね(^^;)
行きは両親と車で帰りは1人で新幹線に乗ったのですが、キヨスクでブラック関係の雑誌を探すも売ってない・・・。新幹線ホームなので、キヨスクもそれなりの大きさなのですが売っていません。ちょっとしてから新潟県はリリ禁だったことを思い出し、少し寂しさを感じつつ自宅に戻りました。
7/31(日)の夜から亀山に入り、根こそぎさんと湖畔亭で遅い夕食。根こそぎさんとは久しぶりの再会で、日曜日は半年ぶりの亀山での釣りだったそうです。話を聞くと笹川方面、本湖周りの水深があるカバーや立木で獲れるということで、台風のせいで先週とは様子が変わってしまったようでした。22時くらいまで湖畔亭に居たのですが、根こそぎさんは自宅で緊急事態が発生したため仮眠をとった後に帰ってしまいました。
8/1(月)は独りでプラ。 前日に笹川が良いと聞いたのでチェックしますが、ワタシの感覚では全然良さそうに見えません。広瀬から道路下まで撃つも反応悪し。湖は満水に近い状態で、ワタシにできることはカバー撃ちだろうと思い、主にカバーを撃っていきますがダメでした・・・。天気も雨が降ったり止んだりの繰り返しで中途半端な嫌な感じ。トキタ桟橋でトイレに行くために上陸すると団長さんが桟橋を撃ってます。「どうですか?」と聞くと、「あんまり食わせてない、そんなに釣ってないよ。」との返事、ワタシには真意が分からなかったので「そうか、メインの場所を温存してるんだな。」と思う。トイレを済ませ再度出撃、しばらくするとターチさん発見。「どう?」と聞かれますが「全然釣れないっす。」と答えるしかありません、だってノンキーしか釣れてませんから(^^;)「ここでジグヘッドワッキーやってるんだけどさぁ、マメしか釣れないよ。(良いサイズが)居ると思うんだけどなぁ。」と言います。ワタシが立ち木、カバーを釣っているとザーッと雨が降り出しカッパ装着。でも、雨はすぐに止んでしまい、しまいには晴れ間が出てきます(^^;)すると、遠くに居たターチさんが怪しい動きをしているので観察していると大きなブラックを持っています。近づいていくと、「ヤベーよ、50釣っちゃった♪ジャスト50。」と複雑な表情。ランカー保険に入っていないということで、その場でリリースしてました。で、ワタシのプラはその後猪の川まで上りましたが、まともな釣果はなく終了しました。
そして、8/2(火)は本戦です。当日の朝まで考えましたが、湖の状況が全く掴めていなかったので”大移動はしないで本湖周りを撃つ”ことと”カバーではなく立木をメインにする”ことを決めてスタート直後はトキタ対岸へ。テキサスで立木を撃つも無反応、なんとなくカバーにテキサスを入れるとポロッと500g弱の魚が獲れました。若干の疑問を感じつつも押切沢入口に向かって立木を撃っていくと400g弱の魚が獲れましたが激ヤセ(^^;)他はカバーで1バラシ。昨日までとはカバーと立木の魚が入れ替わっているように感じたのですが、立木に固執してしまい魚を追加することはできませんでした。そして2本のみで帰着し800g台でフィニッシュ。ポイントは取れましたが、どうしようもない結果に反省。お立ちの4、5位が本湖周りのカバーを釣ったらしいのですが、最初は立木を狙っていたが反応悪くカバーに切り替えたことを聞いて「自分はまだまだだなぁ・・・」と実感、「その日のバスはその日釣れ。」という総長の名言通りですね、アジャストできないようではアカンです。前日に練習できたことで決め撃ちしすぎたのかもしれません、やはり湖は刻一刻と変化しているんですね、いい勉強になりました。
  1. 2005/08/09(火) 10:42:02|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

スモ

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。