スモの泣き言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復活

前の会社の後輩が心の病で治療中なのですが。

快方に向かっているとのコメントが某SNSに。

先日の件もあったので、とても嬉しかったですね。

「会社で机に座ると、以前のプロジェクトで辛かったことを思い出す。」と言っていたので、リストラ済とはいえ元会社関係者のワタシが連絡取るってのはマイナス効果にならないか?と思い、連絡は控えていました。

そんな小さい努力が奏功したのかどうかは分からないですし、自分のことはどうでもいい。

とにかく、新しく一歩を踏み出す勇気を彼が持ったことにホッとしました。

世の中悪いことばかりでもないね(^^)
スポンサーサイト
  1. 2014/12/23(火) 11:25:46|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UT ~ その後

今年の4月に『心の病』で退職した先輩の話を書きました。

総務の人からは「実家に戻って、今までとは違う職種で再就職したい。」と仰っていたと聞いたのですが・・・。







亡くなられたそうです。

それも千葉県内で。







業務の引継ぎで最後にお会いした時は本当に明るくて、スッキリした面持ちだったので「これで先輩も再スタートが切れるんだな。」と、内心うれしく思っていたのでした。

が、甘かった・・・。

詳細は警察も教えてくれなかったそうですが、どうやら自室で自ら命を断たれたようです。

ハッキリ言って、前社長を筆頭に上司は罪を償うべきだと思う。

民事で訴えられたら良いと本気で思っている(無いとは思うが)。

「○○があんなことになっちまって・・・お前もそうならないか心配だ。」とか言われましたが、「どの口が言ってやがるコノヤロウ。」としか思えんね。

真面目で優秀、かつ従順だった先輩をコキ使って良い思いばかりしていた輩が何を言うか。

地獄に堕ちろ。








前の会社の後輩も同じ理由で苦しんでいるので、彼のことが非常に心配です。

釣友のお墓参りも行かないといけないな。

それに、心不全で亡くなった大学の先輩の一回忌もやらなくちゃ。









個人的な感情のはけ口にしてしまい、読んで下さった方には申し訳ありません。
  1. 2014/10/25(土) 11:05:25|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

UT

今の会社に入った時、先輩社員の一人に『心の病』を患った方が居ました。

仕事はキチッとしていて、ワタシのように性格にクセがある訳でもなく、真面目で温厚な人でした。

ワタシが入社する2~3年前から発症したそうなので、かれこれ5年以上の”闘病生活”になります。

その先輩の退職が今日発表されました・・・。

解雇ではなく、自主退職。

ウチの会社は決して大きくありませんが、その先輩が復帰することを信じて休職中も休職期間が明けて休みがちの間もずっと給与を支払い続けていたのです。

その先輩が抜けた穴を埋めるべく、上司もワタシも出来る限りサポートしてきました。

が、御本人の意思で退職。

非常に残念というか、空虚な気持ちを抱えておる。

社長は「アイツが居なくても業務は回るやろ。」とか訳の分からないことをぬかしおる。
(今の社長は1年前に交代して、発症時とは別の人物)

いやいや、みんな我慢して、ユーザにも迷惑かけて、謝って、でもいつか還ってくると信じていて、だから本人が復帰しづらくないよう文句言わずに耐えてきたんやないか。

引継ぎを近日中にやるのですが、「どうしても会社ではやりたくない」そうです。

総務の人曰く、「口に出して言わないけど、キッカケになる嫌なことが会社であったんでしょうね。まぁ・・・誰かに気を遣っているのか、本人が自分自身を把握できないからなのか分かりませんけど。でも、会社の外で会うと別人みたいに明るいですよ。もう、なんだかね、肩の力が抜けちゃいました(苦笑)」だそうです。

ワタシも自分なりに勉強したつもりでしたが、自分の言動・行動が先輩に負担を掛けているのかいないのか全く分からないままでした。

なんといいますか、「いままでの気苦労は一体何だったんだ。」と、フッと幽体離脱しかねない心境です。


そんな夜中にシステムが異常終了ときたもんだ。





で、不満を吐き出すところがないから、ココに書いた、と。

やるせないことばかりですワ。

今は先輩の病が完治して、無事に社会復帰されることを祈るだけです。

ワタシももう寝ますワ。
  1. 2014/04/17(木) 02:34:12|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘却

先輩のお通夜に行ってきました。

先輩の人望のおかげで、多くの懐かしい顔に会えました。

でも、悲しいかな、人それぞれ思い出を忘れていってしまっているのですな。

お通夜のあとで昔のことを話すと「え、そうだっけ?」「覚えてない・・・。」という受け答えがマァマァありました。

でも、それはそれ。

皆、前に進んでいかなくては。
  1. 2013/12/05(木) 01:23:57|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

休む

昨夜書いたように、明日は大学の先輩のお通夜です。

って、日付変わって今日ですね・・・。

仕事のスケジュールでは明後日の告別式に参列する方が都合良かったのですが、先輩が亡くなった経緯も聞くタイミングが無さそうだし、お通夜に行かせていただくことにしました。

同級生や先輩、後輩も全員お通夜派だったのは内緒です。

つうか、相変わらずのズレっぷり、素ボケっぷりが酷い件について。

んで、お通夜は当然夕方からなんですが、明日は会社を休むことにしますた。

午前中はランニングでもして気を紛らわそうかな、と。

昨日といい今日といい、胴体のどこかに穴が開いたような気分なのです。
  1. 2013/12/04(水) 01:30:08|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

スモ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。